Jikki

Music review

Jikki

時々だがインディーズのライブを観に行くことがある。ここで紹介するJikkiもインディーズ系のミュージシャンの1人。(私の主観です^_^;)

多くの人にとって「インディーズ」と聞くと「マイナー」というイメージだけがあると思うが、古くはザ・フォーク・クルセダーズの「帰って来たヨッパライ」やそれよりかなり新しい「モンパチ(MONGOL800)」のような大ヒット曲が出たこともある。最近でもHYのようにオリコンの常連になっているグループもあるので、決して侮れる存在ではない。

しかし、基本的にインディーズのミュージシャンがどういう活動をしているのか、もっといえば名前すら知られていないということが殆どなので、自分の好みにあうミュージシャンに出会うのは、偶然によるところが大きい。

さて、Jikkiであるが、今年の始めに撮りダメていたビデオをみていたらある音楽番組で昔懐かしい「ナイト・レンジャー(NIGHT RANGER)」がでてきたのである。昔のプロモかと思ったらなんと最近来日したときのスタジオライブだと知り驚いた次第。早速YouTubeでその番組で演奏していた「Don’t Tell Me You Love Me」を検索すると本家の次にこのJikkiの宅録をしているようなビデオが出てきたのである。

ボーカルは、か細いのだが、ギターの演奏は完璧。ちょっと興味がわき、今度はJikkiで調べてみると何とパープルの「バーン」など私の好みの曲をやっているのでもっと見たくなり、サイトを調べたら、直近で家から近い大塚でライブをやるというので観に行くことにしたのである。

初めて行くライブハウスだった。ライブはJikkiの前に3組?出演したが、はっきりいって場違いで退屈だった。Jikki登場と同時に私を含めた数少ないおじさん連中が前に出てきてようやく開放された。演奏もエクストリームやガンズといった曲で大満足。最後はパープルの「バーン」で〆。演奏もよかったのだが、今回はYouTubeでみたのと違いちょっと派手目のメークでギターを弾く姿は本当にかっこよかった。撮影が許可されていたのでバシバシ撮ったものを集めたのがこのフォトビデオ。ライブ後CDを早速購入。CDはクラシックハードロックのカバーであるが、違和感のあったボーカルも聞き込むと私の中では別物として心地いいものになっている。

暫くレコーディングに集中してライブはないようだが、次のCDが楽しみである。
なお、動画のBGMはJikkiのアルバムに入っているオリジナル曲をつなぎ合わせたものである。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA