愛にすべてを “Somebody to Love” Queen

Gospel in Rock

Races

Queen: Greatest Hits III [Import, From US]Queen: Greatest Hits III [Import, From US]

この記事は2004年に書いたもので、前説が全くタイムリーでないのですが残しておきたいのでこのままにしておきます。

ーーーーー—————-

2003年、ギネスブックに「ボヘミアン・ラプソディー」がイギリスにおいて、過去最大のヒット曲として表彰されたクイーンの「愛にすべてを(Somebody to Love)」である。
ちなみに表彰されたベスト10の2位以下は次の曲。

2位  イマジン ジョン・レノン
3位  ヘイ・ジュード by ザ・ビートルズ
4位  ダンシング・クイーン by アバ
5位  ライク・ア・ヴァージン by マドンナ
6位  エンジェル by ロビー・ウイリアムズ
7位  ペニー・レイン/ストロベリー・フィールズ・フォーエバー by ザ・ビートルズ
8位  ワナビー by スパイス・ガールズ
9位  イエスタデイ by ザ・ビートルズ
10位 レット・イット・ビー by ザ・ビートルズ

ジョン・レノンもビートルズとしてカウントすると実に10曲中半分がビートルズだ。
表彰式に現れたブライアン・メイ(ギター)とロジャー・テイラー(ドラムス)が「ビートルズより上になりましたが」と聞かれたとき、「決してそんなことはない。僕らこそ彼らのファンだ」といって謙遜していたが、偉業であることは間違いない。またこれより前1999年にはイギリス チャンネル4の「ミュージック・オブ・ザ・ミレニアム」で過去1000年で最高の曲として「ボヘミアン・ラプソディ」が選出されている。

さて、「愛にすべてを(Somebody to Love)」だが、この曲はクイーンの初期のヒットで1972年に全英で2位、全米では13位を記録した。さらに92年にはフレディー追悼コンサートとして元ワムのジョージ・マイケルがブライアン、ジョン・ディーコン(ベース)、ロジャーをバックにこの曲を歌いシングルとして発表して、みごと全英1位としている。
曲はフレディーが一声発すると、すかさず分厚い「ゴスペルグループ」のコーラスが登場する。その後もフレディーと「ゴスペルグループ」のかけあいで曲は進んでいき、途中ハードなギターが入り、フレディーの感情のこもったソロでエンディングとなる。
曲調はロックというより「ゴスペルソング」そのもの。コーラスは「ボヘミアン・ラプソディー」同様、フレディー、ブライアン、ロジャーの3人の多重録音である。クイーン・サウンドの王道をいくもので見事である。

立つのも精一杯なぐらい、身を粉にして働いて体もぼろぼろになった主人公が神にこんな僕にも「誰かが僕に愛すべき人をみつけてくれるの?」と問い掛ける。そこには神の答えはないが主人公が唯一信じられる神に対して「まだまだ決して諦めない、祈り続ける」という決意を表明している。

“somebody to love”は良く使われるフレーズで、ジェファーソン・エアープレインの大ヒット曲「あなただけを」も同じ“somebody to love”だ。

——————————————————————————–
Somebody To Love

Can anybody find me somebody to love?
Each morning I get up I die a little
Can barely stand on my feet
(Take a look at yourself)Take a look in the mirror and cry
Lord what you’re doing to me
I have to spend all my years in believing you
But I just can’t get no relief Lord
Somebody (somebody) ooh somebody (somebody)
Can anybody find me somebody to love?

I work hard (he works hard) everyday of my life
I work till I ache my bones
At the end (at the end of the day)
I take home my hard earned pay all on my own
I get down (down) on my knees (knees)
And I start to pray (praise the Lord)
‘Til the tears run down from my eyes
Lord somebody (somebody) ooh somebody (please)
Can anybody find me somebody to love?

(He wants help)
Every day – I try and I try and I try –
But everybody wants to put me down
They say I’m goin’ crazy
They say I got a lot of water in my brain
Got no common sense
(He’s)I got nobody left to believe
Yeah – yeah yeah yeah

Ooh
Somebody (somebody)
Can anybody find me somebody to love?
(Anybody find me someone to love)

Got no feel I got no rhythm
I just keep losing my beat (you just keep losing and losing)
I’m OK I’m alright (he’s alright)
I ain’t gonna face no defeat
I just gotta get out of this prison cell
One day I’m gonna be free Lord

Find me somebody to love find me somebody to love
Find me somebody to love find me somebody to love
Find me somebody to love find me somebody to love
Find me somebody to love find me somebody to love
Find me somebody to love find me somebody to love
Somebody somebody somebody somebody somebody
Find me somebody find me somebody to love
Can anybody find me somebody to love
Find me somebody to love
Find me somebody to love
Find me somebody to love
Find me find me find me
Find me somebody to love
Somebody to love
Find me somebody to love…

(木村拓哉主演のプライドで全面的にQueenの曲が使われているがこの曲も要チェック。ついでのついでだが、テーマ曲のI Was Born To Love YouはQueenとクレジットされているが、元々はフレディーマーキュリーのソロ。クイーンとしてカヴァーした。)


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA