アイ・ウィル・フォロー・ヒム “I Will Follow Him” (Little) Peggy March

Gospel in Rock

I Will Follow Him

天使にラヴ・ソングを・・・ [Soundtrack]天使にラヴ・ソングを・・・ [Soundtrack]

ウーピー・ゴールドバーグ主演の「天使にラブ・ソングを」みて「ゴスペル」を知ったという人はかなり多いだろう。

アイ・ウイル・フォロー・ヒム」も忘れられない歌となった。私は最初この映画をみたときに「アイ・ウイル・フォロー・ヒム」を聖歌隊が歌うのは少し奇異に感じた。なぜなら、(Little) Peggy March が歌っていたのはラブ・ソングだと思っていたからである。歌詞を先にみてみよう。

——————————————————————————–
I WILL FOLLOW HIM
Little Peggy March

Love him, I love him, I love him
And where he goes I’ll follow, I’ll follow, I’ll follow

I will follow him, follow him wherever he may go
There isn’t an ocean too deep
A mountain so high it can keep me away

I must follow him, ever since he touched my hand I knew
That near him I always must be
And nothing can keep him from me
He is my destiny

I love him, I love him, I love him
And where he goes I’ll follow, I’ll follow, I’ll follow
He’ll always be my true love, my true love, my true love
From now until forever, forever, forever

I will follow him, follow him wherever he may go
There isn’t an ocean too deep
A mountain so high it can keep, keep me away
Away from my love

I love him, I love him, I love him
And where he goes I’ll follow, I’ll follow, I’ll follow
He’ll always be my true love, my true love, my true love
From now until forever, forever, forever

I will follow him, follow him wherever he may go
There isn’t an ocean too deep
A mountain so high it can keep, keep me away
Away from my love

Do-do do-do-do do-do-do and where he goes
I’ll follow, I’ll follow, I’ll follow
I know I’ll always love him
——-

(「天使にラブ・ソングを」版)
[Slowly]
I will follow him
Follow him whereever he may go
And near him I always will be
For nothing can keep me away
He is my destiny

I will follow him
Ever since he touched my heart I knew
There isn’t an ocean too deep
A moutain so high it can keep
Keep me away
Away from his love

[Moderately Fast Rock]
I love him, I love him, I love him
And where he goes I’ll follow, I’ll follow, I’ll follow
I will follow him
Follow him whereever he may go
There isn’t an ocean too deep
A moutain so high it can keep
Keep me away

We will follow him
Follow him whereever he may go
There isn’t an ocean too deep
A mountain so high it can keep
Keep us away
Away from his love

(I love him) Oh yes I love him
(I’ll follow) I’m gonna follow
True love, he’ll always be my true love
(Forever) From now until forever
I love him, I love him, I love him
And where he goes I’ll follow, I’ll follow, I’ll follow
He’ll always be my true love, my true love, my true love
From now until forever, forever, forever
There isn’t an ocean too deep
A mountain so high it can keep
Keep us away
Away from his love
——————————————————————————–
オリジナルはサビの
“Love him, I love him, I love him
And where he goes I’ll follow, I’ll follow, I’ll follow”
で、始るが、「天使にラブ・ソングを」の最後に聖歌隊がローマ法王の前で歌うときはオリジナルとアレンジを変えて、最初はスローテンポでスタートして、ピアノの連打とともにアップテンポになっていき、途中フェイクソロを交えて興奮のエンディングを迎える。歌詞も多少変えている。

さて、歌詞をながめると、『どんなことがあっても「彼」についていく、「彼」を愛している。』という分かりやすいいラブ・ソングなのだが、あらためて読むと、“him” が少し変わっている。一体、誰に対して“I love him” であり“I will follow him”なのか。実はこの“him”は、いわゆる「彼氏」ではない。普通“Him”と大文字で書かれるべきもので、大文字で書かれた“Him” はイエス・キリストのことを表すのである。実際、映画の英語の字幕では大文字の “Him” が使われている。「天使にラブ・ソングを」版の歌いだしは、次のような意味だ。

主(イエスのこと)について行く。
主がどこに行かれようともついていく。
いつも主のおそばに。
何があっても離れはしない。
主こそ、わが運命。—

ここから先はオリジナルと殆ど同じだ。主について行く強い決心を表現した歌だった。
アメリカでのヒットは(Little) Peggy March が13歳のとき、1963年の全米No.1ヒットなのだが、最初のヒットは「恋のダウン・タウン」で有名なペトゥラ・クラークがフランスでヒットさせた。作曲者はなんとデル・ローマことポール・モーリアである。
オリジナルがラブ・ソングだったのか、ゴスペル・ソングだったのかは正直言ってさだかではないが、(天使にラブ・ソングを)のメインの曲に使うぐらいだからきっとゴスペルなのだろう。ちなみに「天使にラブ・ソングを」の原題は「Sister Act」。「天使にラブ・ソングを」なんて全く原題を無視している。Act は、新約聖書でいうところの使徒言行録。つまり「尼さんの伝道」が正しい。

余談だがこの曲は、ポール・モーリアの曲のときは「恋のシャリオ」 という意味不明なタイトルがつけらている。


« »

“アイ・ウィル・フォロー・ヒム “I Will Follow Him” (Little) Peggy March” への2件のフィードバック

  1. toromen より:

    ポールモーリア作曲とは思いませんでした!なるほど、ポールモーリアらしい曲です。

  2. 匿名 より:

    作中ではguyとgodをかけたりしてるので、himとHimも言葉遊びの一環でしょう。
    actもそうですね。「演じる」という意味をかけてるようです。「Sister Act」は「なんちゃってシスター」的なノリが含まれていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA